人間ドックの結果を見てみると…年々体重がっ!

こんばんわ。オッドアイです。

健康診断の結果を一つ前に書きつつ、体重周りを別記事で扱ってみます。

身長体重等の推移を表にしてみましょうか。

 

診断結果2018年2017年2016年
身長(cm)181.5181.6181.6
体重(kg)81.678.571.1
腹囲(cm)88.083.575.0
BMI24.823.821.6
体脂肪率(%)2016.813.5

 

こんな感じで一昨年から10キロばかり増加していることに。
2016年がここ最近では一番痩せていたのが数値的にもわかります。

ただ、2016年は結果的に無茶ばかりしていて、年末に気胸で人生初入院をかますことになっていました。

そのせいで、ちょっと運動に対する恐怖心みたいなのが出始めて、2017年はメンタル不調の年だったんです。

2018年ではメンタル面は落ちついたものの、体重の浮き沈みが激しい感じに。
やはり運動習慣が定期的にとれていないのが原因なのかな。

2016年の時は、週2回ジムでランニング(1時間)と週1回のパーソナルトレーニング(1時間)をほぼ毎週やっていました。
ランニングの週2が1になったりはしても、パーソナルトレーニングはかかさず。

2017年からはパーソナルトレーニングは継続しつつも、それ以外のトレーニングやランニングが週1だったり2週間に1回だったりと、減っています。

調子がいいかなと思ってトレーニングをすると、その後また肺に来たかもという精神的な部分で、ダメージを負うことが多くて、間が空きがちだったんですよ。
(疲労や筋肉痛なんかが、肺なのでは?!という痛みと受け止めてしまって、当時は不安になって精神的な部分からくるのか、呼吸がしづらくなったり大変でしたねー)

何度か休日夜に緊急外来で入院した病院にいっては、大丈夫ですよと診断してもらって、安心して落ちつくということをした覚えがあります。
(年に3回くらい行ったんじゃないかなぁ)

 

で、2018年になって、メンタル部分は落ちついて、これはただの疲労。筋肉痛だ。
を感覚的にコントロールできるようになって、ジムが不定期にしかいけない(終業時間的に)なら、外走るか。とランニングをするようにもなりました。

とはいえ、ジムのマシンとの勝手の違いに戸惑うこともしばしば。
外は外で気持ち良いんですけどね。

結局は運動量が総じて落ちているわけですね。
暴飲暴食しまくることはないものの、運動量少なければ減る量も…なわけですよ。

別段急激に数ヶ月で10キロ痩せたい!
なんていう計画を立てるつもりはないです。
が、ひとまず来年は平均して70キロ台で推移するように体重(というか体脂肪率)を減らしていきたいので、もうちょっと運動とか食習慣を見直してみましょう。

診断結果をこうして振り返ることって、書面みてるだけだとほぼないので、書いたのはよかったのかもしれない。

そう思いつつ、ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください